Posts Tagged '水谷紹'

彼が殴るの

詞、曲:水谷紹

“彼が殴るの” is included on her sixth best album TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST & RARE 1979 – 2008 as track #20 on Disc 3, and also included in Tricomi – Good Girls Get Fed, Bad Girls Get Eaten as track #4.

アナタは殴る、見るに見かねた神様が止めに来るまで
アナタの両手は、いつもアタシの血で乾ぐヒマもないほど
アナタの指に、深くアタシを傷つけてくれる指輪がある
見えないように、いつもアタシの背中にまわした左手
悪いのはアナタの手…手、
アナタは實める、見たこともない道具と言葉を使って
壊れぬくらいに、でも傷跡が二度とは消えないくらいに
アナタは殴る、今じゃ頼みの神様も来てはくれないみたい
アナタの両手も、今じゃ自分の血を流すまでとまらない
痛いのはアナタの手…手、
こんな調子じゃ、アタシの命、幾つあっても足りない
愛してるわ、だけどアタシも、黙ってばかりはいられない
パパに電話よ、すぐにアナタを懲らしめに来てもらうから
パパの手下が、すぐにアナタの両手をナイフで切り取る
フロアに広がる、赤く汚れた血の海にアナタの両手
許して欲しい? いいわ、それでもこの手は返してあげない
憎いのはアナタの手…手、
いつかアタシの手を優しく包む新しい手がアナタに生えて
どこかアタシたちが寄り添い住める新しい家をその手で建てて
汗とアナタの血で濯ぎ浄めた薪しい手でアタシを抱いて
二度と放さないで 新しい手で正しい愛めカタチを探すの

taken from トリコミ『彼が殴るの』
EQUIVOVAL/2004.3.3/CD:EQCD-0007 ⓟ2003 SUPER HYPE MUSIC & HINTS MUSIC
Licensed by SUPER HYPE MUSIC & HINTS MUSIC

曲解說:

「2曲歌ってくれないか?」と言われて行ったら、4曲入りのアルバムだということを聞かされました。そのうちの1曲は水谷紹さん自ら歌うデヴィッド•ボウイの日本語カヴァーだったのですが、許可が取れないということで3曲入りの作品になったんですね。その後「ライヴをやる」と言われたのでライヴにも出て、いっぱい歌いました。それは、ライヴ•アルバム『Good girls get fed. Bad girls get eaten.』として発売されています。そのアルバムの発売記念ツアーにも参加しました。だからゲスト参加という感じがあまりしませんでした。これも大好きな曲です。

さよならハニームーン

詞:水谷紹
曲:デニス・ガン

“さよならハニームーン” is a song released by 戸川純バンド and included on her third mini-album TOGAWA FICTION as track #4.

あがたがいいか 高田がいいか
特別な夜になんとふさわしいB.G.M.
さよーならハニームーン
出かける前に帰りたくなるだなんて
ほんとは知っていたわ
 時間がワインをお酢に変えました
 ずっとコルクさえ抜かなきゃ…あああ

麻布チャーチに直前の電話
あなた抜きの意味のないディナー、所在ない同級生
さよーならヴァージンロード
冷めたフルコースの
汚れたディッシュはさっさと片付けて頂戴な

 ウエディン•ケーキをひとりで切りました
 さあ皆さん、さあ拍手を…あああ

カウンセル・プリーズ

詞:水谷紹
曲:ナスノミツル

“カウンセル・プリーズ” is a song released by 戸川純バンド and included on her third mini-album TOGAWA FICTION as track #1.

ロに出して頂戴、お腹に溜めないで、頼みにして頂戴、役に立つわよ

外に出して頂戴、お腹に溜めないで、まき散らして頂戴、楽になるわよ

 殻をむいて、矢印にそって入ってらっしゃいな
 要らないソレは、ティッシュにくるんでポイッてしなさいな

全部出して頂戴、中にしまわないで、頼みにして頂戴、役に立つわよ

 殼をむいて、矢印の場所に入ってらっしゃいな
 要らないソレは、コップの中にぺッてしなさいな

もう、もう出たんですか?
いい、いい気分ですか?
ええ、もういいんですか?

 うれしんです、あなたがいかずにあることが
 うれしんです、あなたが今、さらしつ出す、事柄、それから、
 あなたが今、さらしつ出す、事柄、それから、ああ…

 おもうんです、あなたがいかずにあれたらと
 おもうんです、あなたを今、うかべつ見る、かのとき、そのさま
 あなたを今、うかべつ見る、かのとき、そのさま

 あなたは今、さらしつ出す、
 うかべつ見る、かのとき、そのさま、かのひと、そのこと

 殼をむいたら、矢印を逆にたどってらっしゃいな
 要らないソレは、便器の中にピュッてしなさいな

もう、もう出たんですか?
いい、いい気分ですか?
ええ、もういいんですか?
ええ、いま出すんですか?

はい、次。

拝啓、パリにて

詞:水谷紹
曲:吉田達也

“拝啓、パリにて” is a song released by 戸川純バンド and included on her third mini-album TOGAWA FICTION as track #3.

Transcribed from generasia. Credit by Pikirumuzu.

パリに来てます。
“貴方忘れ”の旅に出てます。
忘れられずに、便りしてると思わないで。
知らせたいの貴方に。
彼が岀来たの!

パリのヌーベル、パリのアンフォルメル。
耳に心地の、フランス言葉。
もしも彼が嘘をついても、わからないから好きよ。

エッフェル…塔がこんなに高かったなんて
凱旋…門は夜露に濡れていたなんて
シャンゼリ…ゼの夜は目的カップルだらけだったなんて、
“マドモアゼル•ジュン、エスクヴゼプレ?(用意は出来ましたか?)”

パリに来てます。
“貴方忘れ”の旅に来ました。
忘れられずに、便りしてると思わないで。
知らせたいのこれだけ。
パリは夜よ!

おしまい町駅ホーム

詞:水谷紹
曲:福岡ユタカ
弦楽編曲:ホッピー神山
弦楽:工藤弦楽四重奏団

“おしまい町駅ホーム” is a song released by 戸川純バンド and included on her third mini-album TOGAWA FICTION as track #6.

家に帰るのが苦手、戸が開かないんです
家出る時アタシ、カギかけたんです
行ってきますと、一人住まいの 家出る時アタシ、カギかけたんです

背の高い人は苦手、顔が見えないんです
低い方がアタシ、お似合いなんです
ただいま今日も、階段を降りて 地下鉄駅夜の ホームに帰るんです

このホームは、夜明け以外なら、どこへだって繋がってよ
次の駅に行くんなら、Dive into the railroad
終点まで行くんなら、Dive into the railroad
ここが嫌になったら、Dive into the railroad
いまが嫌になったら、Dive into the railroad-rail

ホントは元々アタシ、家などは無いんです
墜ちるというほどは、高くないんです
けっきょく今日も、階段を降りて 「おしまい町」駅の ホームで眠るんです

このホームは、あした以外なら、どこへだって繋がってよ
次の駅に行くんなら、Dive into the railroad
終点まで行くんなら、Dive into the railroad
ここが嫌になったら、Dive into the railroad
いまが嫌になったら、Dive into the railroad-rail

ここのホームは、安心して良くってよ、どこへだって抜け出せてよ
次の駅に行くんなら、Dive into the railroad
終点まで行くんなら、Dive into the railroad
ここが嫌になったら、Dive into the railroad
いまが嫌になったら、Dive into the railroad
違う場所に行くんなら、Dive into the railroad
眠る場所に行くんなら、Dive into the railroad
歩くより早いわ、Dive into the railroad
荷物置いてくわね、Dive into the railroad